薬剤師求人で評判の良い転職募集サイトをランキング紹介

最終更新日:2017年10月23日

薬剤師の仕事は人とのふれ合い

白衣の 女性

薬剤師は医師や看護師、事務、患者など様々な人達とコミュニケーションをとり、正確に仕事を進めます。

医師が書いた処方箋に従って各患者に必要な薬を用意します。医師は患者の症状をあらゆる視点から考慮して薬剤が必要であれば処方箋を書きますが、薬の専門家ではありません。そこで医師が処方した薬が不適切であると判断した場合は医師に問い合わせます。薬剤の種類が複数あった場合は飲み合わせもチェックします。

また、入院患者に対する薬の管理として薬歴を作成して、何か変更があった場合は速やかに修正して管理します。

患者が退院などの理由により、いなくなった場合は薬歴を別に保管し、用意していた薬を再び分類して薬剤棚など元あった位置に戻し、医師による退院時処方が確定すればそれを用意します。また、病棟に用意してあった薬も退院日時に合わせて残りがあれば元に戻します。外来の患者と異なるのは、分包という形で準備するケースが多いです。

これは朝・昼・夕・寝る前、食前・食間・食後など、いつ何を飲むか1つずつ袋に分けて用意したものです。つまり、1つの袋には複数の種類の薬剤がバラバラに入っているので、元に戻す作業が生じた場合は袋を開封して1錠ずつ確認しながら正確に分類して薬剤棚など元の位置へ戻す必要があります。

薬の自己管理ができる患者であれば、分包せずに元の入れ物(ヒート)のまま必要な薬を用意します。

そして、患者には服薬指導をします。薬の説明をするだけでなく、患者やその家族が持つ疑問や不安を解消します。薬を用意する時は、最後に必ず用意した薬剤師とは別の薬剤師が監査を行います。薬剤師が処方に従い薬剤を準備し、調剤する前の段階で特に薬剤師補助ができる事務も確認し、調剤し、監査を行って1人1人の薬を用意します。

色々な人が用意の段階で目を通すことによって間違いの無いように細心の注意を払います。新しい薬剤が導入された場合は事務に伝え、医師・看護師にその情報を紙面により報告する指示を出します。その紙面は必ず薬剤師がチェックします。

また、病棟だけでなくオペ室や外来診察室に用意してある薬剤の期限チェックと取り替えも行います。

その記録も残しておくと、この時に看護師と情報交換が生まれます。臨時でどの薬をいつ使用したので予定よりどれだけ必要になるかなどです。薬剤師は医師の指示通りの薬を用意するだけの仕事ではなく、常に関連する人達と会話しながら間違いのない、安全な薬の投与を心がけています。

薬剤師求人・転職サイト比較ランキングTOPへ


薬キャリ

薬キャリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ薬剤師求人サイト
薬キャリ(エムスリーキャリア)
ランキング算定根拠
当サイトでご紹介している、「薬剤師求人・転職サイト比較ランキング≪2017年最新版≫」のランキングは以下の統計に基づきます。
なお、定期的にランキングは更新しております。

【概要】
当サイトより、実際に無料登録が行われた件数。

【調査期間】
2015年06月1日~12月31日

【当サイトへの総アクセス数】
3,897アクセス

【各サービスの無料登録者数】
・薬キャリ(エムスリーキャリア):13件
・リクナビ薬剤師:8件
・マイナビ薬剤師:6件
・ファルマスタッフ:4件
・ジョブデポ薬剤師:3件
・メディカル・プラネット:2件
・ファーマジョブ:1件
・メディカルプラン:1件 ・ファル・メイト:1件