薬剤師求人で評判の良い転職募集サイトをランキング紹介

最終更新日:2017年12月12日

薬剤師に関することについて

処方された薬

薬剤師は、医薬品全般について幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。薬局や医療機関(病院)で処方箋に基ずく調剤や患者への服薬説明を行うほか、医療用医薬品から一般用医薬品まで、全ての薬を販売したり、相談にのることができます。

薬剤師は大学の医学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格して与えられる資格です。

医学部では、有機化学や無機化学など化合物に関する基礎的知識をはじめ、体内で薬がどのように作用するかといった知識、さらには病気やその治療についても学んでいます。ところで、平成18年度からは医学部は6年生となっています。

なお、薬剤師は薬局や医療機関(病院)で調剤に携わるだけでなく、学校での環境衛生管理や医薬品の研究開発や製造に関与している薬剤師もいます。

また、小学生、中学生、高校生及び県民に対する「薬物乱用防止活動」・「禁煙運動の取り組み」、高齢者等における「薬の正しい使い方」など啓発活動にも取り組んでいます。

薬剤師の仕事は多種多様です。まず代表的なものについて触れてみます。

●薬局薬剤師ー処方箋による調剤、くすりの正しい使い方の指導、くすりの飲み合わせのチェックなどを行っています。

また、一般用医薬品を販売する際には、消費者の求めに応じてその症状に合ったくすりを探したり、症状の度合いによって派専門医等への受信を勧めたりするなど、セルフメディケーション(軽度な身体の不調は自分で手当てする)のサポートをします。さらに、漢方薬や健康食品・サプリメントの選び方、在宅介護の支援、禁煙サポート、ドーピング可否に係る相談など、専門知識で対応している薬局薬剤師もいます。

●病院・診療所の薬剤師ーくすりの調剤、注射薬や点滴の調整・管理、適切な薬の飲み方の指導、臨床検査などを行うほか、お薬の在庫管理・品質管理を行います。

お薬を有効かつ安全に使用するために、血液中のくすりの濃度を測定し、患者さん個々に適した投与量や投与方法を決定する、薬物治療モニタリングやお薬の吸収や副作用による食欲不振を把握し、その改善策を医師等に助言し、栄養剤について患者・家族に説明・指導する、栄養サポートチームとしての役割も担っています。

その他にも学校、行政等いろんな場所で薬剤師は活躍しています。

薬剤師求人・転職サイト比較ランキングTOPへ


薬キャリ

薬キャリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ薬剤師求人サイト
薬キャリ(エムスリーキャリア)
ランキング算定根拠
当サイトでご紹介している、「薬剤師求人・転職サイト比較ランキング≪2017年最新版≫」のランキングは以下の統計に基づきます。
なお、定期的にランキングは更新しております。

【概要】
当サイトより、実際に無料登録が行われた件数。

【調査期間】
2015年06月1日~12月31日

【当サイトへの総アクセス数】
3,897アクセス

【各サービスの無料登録者数】
・薬キャリ(エムスリーキャリア):13件
・リクナビ薬剤師:8件
・マイナビ薬剤師:6件
・ファルマスタッフ:4件
・ジョブデポ薬剤師:3件
・メディカル・プラネット:2件
・ファーマジョブ:1件
・メディカルプラン:1件 ・ファル・メイト:1件